薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




自分自身の体調を管理する上で客観的に身体の状態を観察し、症状を正確に把握する方法を身につけることが重要になります。中医学の診断方法を健康管理の手段として役立たせてみましょう。


「四診」による方法

四診は病気を診断する基本的な方法になります。
望 診
(ぼうしん)
視覚により体表に現れる臓腑の状況を判断 神・色・形態・頭部・舌・皮膚など
聞 診
(ぶんしん)
家族歴・健康状態など診断に必要な情報聞く 寒と熱・汗・痛・飲食・睡眠・便通
問 診
(もんしん)
聴覚と臭覚などの異常を確認する 声・言語・呼吸・咳・嘔吐・匂い
切 診
(せつしん)
手により患者の脈・直接患部に触れ診断する 脈の形・数・脈流れ・皮膚・腹部


「表」と「裏」で病邪の位置を知る方法

病邪が表にあるうちに治療し、悪化し内臓の症状が現れないようにします。
表 証 体表(皮膚や筋肉)に病邪がある 喉の痛み・鼻詰まり・咳・寒気・発熱
裏 証 体内(内臓)に病邪が侵入している 食欲不振・吐気・痰・強い咳・高熱・口渇


「寒」と「熱」で病邪の性質を知る方法

寒証と熱証では治療法が違います。寒証は温熱性で、熱証は寒涼性で治療します。
寒 証 体を冷す作用が強い 寒気・手足の冷え・顔色が悪い・下痢気味
熱 証 体を温める作用が強い 体温が高い・体が熱い・顔赤い・口渇・患部赤い


「虚」と「実」で病邪の勢いを知る方法

治療法は虚証は体の正気を回復、実証は原因となる邪気を特定しその邪気を取り除く。
虚 証 正気・免疫力不足邪気も弱い 風邪を引き易い、症状は軽いが慢性化、長期化
実 証 強い正気があるが病邪も強い 健康な人が風邪・急激に重症になるが回復も速い