薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 



気・血・津液・精は人体を構成し、臓腑・組織・器官の機能活動の基本的な物質であり、また、生命活動を維持するための重要な物質でもあります。気・血・津液・精は水穀精微から作られ、それぞれ別の物質ですが、互いに化生し合い協調し合っています。これらは臓腑・経絡を機能させる基本物質ですが、臓腑・経絡の生理機能によって生成されたものです。気・血・津液学説は、中医基礎理論の中でも重要な位置を占めています。




「気」の概念

「気の思想」は中国古代哲学の根幹をなすもので、気は宇宙を構成する基本物質とされ、あらゆる事象が気の運動によって成り立っていると考えます。中医学においても気を重要な物質としてとらえています。気は人体を構成するもっとも基本的な物質であり、また人体の生命活動を維持するもっとも重要な物質でもあります。人間は自然界から飲食物(水穀の気)を摂り、呼吸によって酸素(清気)を吸い込むなど、自然界から気を人体に取り入れることによって代謝により生理機能が働き、人体の生命活動が維持されています。気には強力なエネルギーがあって、絶えず運動する特性があります。


「気」の生成

人体の気は、父母から受け継いだ先天の精気と、飲食物から得た水穀の精気(営養物質)および自然界の清気(酸素)によって生成されます。
先天の精気は腎に蓄えられ、水穀の精気は脾胃の運化によって飲食物から摂取したもの、自然界の清気は肺の呼吸によって大気から吸い込んだものであり、腎・脾胃・肺などの生理機能が正常でバランスがとれていれば、人の気は充実しています。
気の生成では脾胃の運化機能が最も重要です。「先天の精気」は「水穀の精気」により常に補充されなければ気の不足が生じます。


「気」の生理機能

気は生命活動の基本物質であります。気は人体に対して極めて重要な生理作用を及ぼしており、さまざまな部位に分布しています。また、気はその種類によってそれぞれ独自の働きをもっていますが、主な生理機能は5つにまとめることができます。しかし、5つの作用はおのおの異なった性質をもちながら、互いに密接に関わり合い相互に助け合って作用しています。

気の生理機能
1. 促進作用 気はエネルギーの高い微細な物質です。気は人体の成長や発育、臓腑や経絡など組織器官の生理活動、血の生成や循環および津液の生成・分散・排泄などすべて促進することができます。
2. 温煦作用 体温は気の温煦作用によって一定に保たれています。臓腑経絡などの組織器官や血と津液も気に温められて正常な生理活動が営まれます。
3. 防衛作用 身体の防衛システムは非常に複雑です。気の防衛作用は体表を保護し、外邪の侵入を防ぐ作用を指しています。また外邪が侵入した場合、気は病邪と闘って外へ追い出し、健康を回復させるように働きます。
4. 固摂作用 固摂作用とは、体内の液体物質の異常流出を防ぐ働きをいいます。
① 血液を固摂する:血液が脈管の外に漏れないよう、正常に循環させる働きがあります。
② 汗・尿・唾・胃液などを固摂し、その分泌量や排泄量をコントロールし、流出を防ぎ
  ます。
③ 精微を固摂し、異常な排泄を防ぐ働きがあります。
④ 臓器の位置を固摂し、安定した相対的位置を保つ働きをします。
5. 気化作用 気化とは、気の運動によって発生するさまざまな変化のことです。即ち、精・気・血・津液などの新陳代謝と相互転化を指します。飲食物が水穀の精気に変化し、気・血・津液を生成します。人体は絶えず営養物質を取り、転化して人体組織を滋養し、同時に人体組織中の老廃物は自然界に排泄しています。飲食物は消化吸収されて、残渣は便となり、津液は汗と尿に転化され排泄されます。
これらの-変化を気化作用といいます。


「気」の運動

気は活動性を持った精微な物質で、絶えず全身の臓腑経絡など各組織器に流れており、生理活動の原動力になっています。

1. 気の運動を「気機」と呼びます。
気の運動の基本形式は [昇] [降] [出] [入] の4種類があります。この気の昇降出入の停止は、生命活動の終わり死を意味します。昇・降・出・入という表現は、各臓腑のそれぞれの機能、さらに臓腑間の協調関係を具体的に説明するものです。
2. 気機と臓腑との関係
① 肺気は [降] が正常  宣発は [昇]・粛降は [降]・呼気は [出]・吸気は [入] が正常       
② 心気は [降] が正常   
③ 脾気は [昇] が正常  胃気は [降] が正常
④ 肝気は [昇] が正常
⑤ 腎気は [昇] が正常  納気は [入] が正常
このように臓腑の気の昇降出入が相対的にバランスよく行われていれば、正常な生理機能を維持することができます。

 気の種類と生理機能・生成・分布

基本的な「気」は生成・分布・機能の特徴により
4種類に分類されます。








1. 元 気  「原気」「真気」とも呼ばれます。人体の生命活動の原動力であり、ほかの気と比べ元気は
人間のもっとも重要な気です。
① 主な機能:元気は人の成長や発育を促し、臓腑経絡など各組織器官を温めて機能活動を活
       発に働かせます。身体に元気が充満していれば、活力旺盛で、丈夫で病気にな
       り難くなります。
② 生  成:元気は腎が蓄えた精が主成分で、腎中の精気から化生したものです。元気は父
       母から受け継いだ「先天の精」が元となり、出生後、脾胃の運化作用で得られ
       た水穀精微「後天の精」によって継続的に滋養、補充されたものです。
③ 分  布:元気は腎から出て三焦を通じて臓腑・筋肉・皮膚に至るまで全身に分布してお
       り生理機能を活発にしています。
2. 宗 気 「動気」「大気」とも呼ばれます。
① 主な機能:宗気には肺の呼吸を促進する作用と心血の運行を推動する機能の2つがありま
       す。さらに視る・聴く・話す・動くなどの身体機能とも関係があります。
② 生  成:宗気は脾胃から消化吸収された水穀精微(営養成分)と、肺から吸い込んだ清
       気(酸素)が結合することによって生成されたものです。
③ 分  布:宗気は壇中(両乳首の真ん中)に蓄えられ、心肺の脈に注がれ、肺の宣発粛降
       の作用によって循環します。
3. 営 気 「栄気」「営血」「営陰」とも呼ばれます。
① 主な機能:営気には血液を生成し、全身を滋養する働きがあります。
② 生  成:脾胃の運化作用により作られる水穀の精気により生成されます。
③ 分  布:血管内に分布して血液の構成成分となり、全身を流れ、五臓六腑を滋養し、
       皮膚・筋肉・骨を潤す働きがあります。
4. 衛 気 「衛陽」とも呼ばれます。
① 主な機能:衛気には体表を保護し、外邪の侵入を防ぐ作用、臓腑や筋肉、皮毛などを温め
       る作用、腠理(毛穴)の開閉や汗の排出をコントロールし、体温を一定に保つ
       作用など3つの機能があります。
② 生  成:水穀の精気から生成されます。
③ 分  布:衛気は人体の陽気の1つで、活動性が高く動きが速いという性質があります。
       衛気は脈管に束縛されず、皮膚や肌肉の間を流れ、全身の組織に運ばれ存在し
       ています。


 その他の「気」

中医学理論の臓象学説における「臓腑の気」(肝気・心気・脾気など)は各臓器の活動機能のこと、経絡学説の「経絡の気」は経絡の機能を意味しています。これらは元気から派生したもので、臓腑や経絡を流れる元気を臓腑や経絡の気と呼んでいますが、元気の一部と考えます。
また、気の名称はまだあります。飲食物から吸収した「水穀の精気」や「殻気」、病気を発病させる「邪気」、身体の生理機能や抵抗力を「正気」と呼び、また、寒・熱・温・涼の4つの性質を「四気」といいます。このように「気」には、機能であったり、性質であったり、気候であったり、それぞれの意味があります。人体を構成している「気」とは異なるものです。