東京栄養士薬膳研究会にようこそ


東京栄養士薬膳研究会

〒300-1622
茨城県北相馬郡利根町
       布川1847
     


季節の薬膳(五季)


燥邪の薬膳                           上級教室

     

爽やかな秋!そのわけは乾燥(燥)。燥は秋季の特徴です。
初秋には夏の暑さがまだ残っていて温燥となり、晩秋には冬の寒気が近づき涼燥となる。
燥邪は病因となり、皮膚やのどの乾燥、髪の毛の乾燥と抜け毛、鼻の乾燥と出血、便秘、から咳などの症状があらわれます。
改善のための薬膳対策は、体液を維持し増やす生津作用のある食材を使用します。


◎メニュー
(主食)
麦門冬入り五目ご飯
(副菜)
大根とくわいの白和え
(汁)  
ゆばの吸い物 
(デザート)
松子入り杏仁豆腐
(薬茶)
桑菊杏仁茶
~白きくらげ、かに煮込み冬瓜詰め~

☆主菜:白きくらげ、かに煮込み冬瓜詰め

食材名 分量・目安
(4人分)
冬瓜 500g
カニ缶 100g
白きくらげ 15g
マッシュルーム
豆乳 300cc


◎おすすめの食材