東京栄養士薬膳研究会にようこそ


東京栄養士薬膳研究会

〒300-1622
茨城県北相馬郡利根町
       布川1847
     



 日本国際薬膳師会10周年記念誌の販売の案内 販売終了
  
  
日本国際薬膳師会は設立から10周年を迎えました。
去る11月23日には記念式典・祝賀会が開催され、来賓の方々、多数の会員、一般の
方が参集し、成功裏に終了しました。
 東京栄養士薬膳研究会会員は辰巳 洋(劉 海洋)先生から
ご教授を受け国際薬膳師の資格を取得してきています。その数
は次年度で160名となります。
 今回、10周年を記念して記念誌を発行いたしました。集録
されています薬膳レシピは、現代の名工として表彰されました
山岡洋氏、ホテルモントレ横浜隨縁亭料理長松崎英司氏の料理
をはじめ、薬膳コンテストに参加されました会員の8つの体質
別薬膳レシピが多数掲載されています。
辰巳先生による8つの体質についての解説も含まれています。
 この度、式典に参加されなかった方に記念誌の販売をいたし
ます。
価格は1冊2500円。注文は各教室役員まで申し出ください。
    多数の方がこの体質別薬膳レシピ集を活用されますようご案内します。




    平成26年度通常総会のご案  終了

    1.日時:平成26年5月25日(日)
         総会:9:30~10:15
            (受付9:00~)
         講演:10:15~11:45
    

    2.場所:オリンピック記念青少年総合センター センター棟 402号
         渋谷区代々木3-1神園町3-1  Tel.03-3469-2525

    3.特別講演  『西洋医学と中医学の結合の視点から
      講 師: 魯 紅梅 氏
           中国・白求恩医科大学臨床医学部卒業、同大学付属病院の
           内科医として勤務。
           来日後、順天堂大学医学部医学研究科卒業。
           現在、蒲谷漢方研究所にて漢方相談員として勤務。順天堂大学
           医学部助手を兼任し漢方相談、研究、執筆、講演、薬膳紹介など
           を行う。
           専門分野は内科、婦人科、アレルギーなどの免疫疾患。
             
 出席届兼委任状はご記入・捺印のうえ、5月14日まで各教室役員にご提出ください。

  ≪九回国際美食養生コンテスト金牌受賞!!~2013年8月~

 マレーシアで開催されましたコンテストで東京栄養士薬膳研究会は、団体部門(3名一チーム)、「気虚血瘀証」の改善薬膳で初出展参加し、金賞を受賞しました。
 300名の参加選手は調理師が多く、その中に3名の当会の管理栄養士が混じり、制限時間90分で指定された8品の料理を、日本から持参しました松花堂弁当に盛り、日本らしさと栄養学の理論も合わせ表現しました。
 会場の厨房は火口など中華対応の仕様で、やっと二口の家庭仕様ガス台を確保し、作業にとりかかり、現地調達の肉、魚に悪戦苦闘しながら、仕上げた次第です。
 参加国は日本、中国・香港、韓国、台湾、シンガポール、マレーシアとアジア圏が主でしたが、各国の伝統と技が色濃く表現された料理が並び、改善薬膳とはいえ切り方、盛り付け方に多くの学ぶ点がありました。
 交流では、台湾の栄養士さん達が私達を、800名参加の懇親会会場で探して訪ねて くれ、暫し交流できたのがうれしい出来事でした。
 3名(羽鳥、佐藤、清水)の感想は、様々なアクシデント、反省点もあったが参加して良かった、栄養士の立場で表現できて良かったという思いで一致し、快い疲れを共有しました。
この日まで多くの会員の支えと、指導いただきました諸先生に感謝します。

  ☆出展内容☆
  症例:しびれ、力が入らない、顔色が黄色っぽい、舌淡紫、または瘀斑、脈細渋
   弁証:何らかの病因(大病、久病、老化、過労など)で気の機能が失調し気虚が生じ
     長期化したことにより気の推動作用が弱くなり、血流を率いる作用も低下。
     結果、血の流れが滞り瘀血が形成された。瘀血の形成によりさらに血の流れ
     が悪くなり、四肢筋肉を営養できない、気も流れないため脈絡も痹阻し四肢
     が機能しなくなり、しびれ、力が入らないの症状が表れた。顔色が黄色っぽい、
     舌淡紫、瘀斑は瘀血の症、脈細渋は瘀血の脈である。
  証: 気虚血瘀証
  立法:補気活血  通経活絡
  方剤:補陽還五湯(当帰・川芎・黄耆・桃仁・地竜・赤芍・紅花)
  薬膳処方:補気類・活血化瘀類・理気類・通経活絡
  禁忌:甘味、激辛

  薬膳
  (温菜)主食:黒豆ごはん
  (温菜)主菜:山芋牛肉ロール黄耆三七あんかけ
  (温菜)副菜:陳皮味噌田楽
  (温菜)汁 :紅花鶏団子の川芎吸い物
  (冷菜)主菜:鯵の紅花三七入りワイン煮
  (冷菜)副菜:チンゲン菜の薤白和え
  (粉物)デザート:棗餡入りうさぎのかるかん 
  (粉物)デザート:三色白玉の赤芍ポンチ竜眼肉添 
                             栄養価(デザートを除く)
 エネルギー   蛋白質   脂 質   塩 分
 634kcal  31.8g  10.6g  3.5g




   ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  
  





過去の活動内容はこちらから
  24年度
  25年度
  26年度
  27年度