東京栄養士薬膳研究会アーカイブ [ 会員専用 ] 

2012.9.30

第6回 健康づくり支援「特別講演会」
都民のための健康づくり特別講演会
~薬膳から始まる健やかライフ~
   
☆︎日 時:平成24年9月30日(日)午後1時~4時

☆会 場:日本女子大学 桜楓館4階ホール

☆講演テーマ「食と健康づくり」
 講演①「食生態学から見た”薬膳”への期待」  
     足立巳幸氏
     女子栄養大学名誉教授
     名古屋学芸大学客員教授

 講演②「薬膳を日々にいかして」 
     朴 将虎氏
     順天堂大学医学部非常勤講師・
     (株)東邦薬品開発部     
 
☆︎参加費:無料

第6回 健康づくり支援「特別講演会」報告 

 9月30日、280名の皆さまをお迎えし、第6回 健康づくり支援「特別講演会」が終了しました。台風の影響が心配され、予定終了時間を30分繰り上げて終了させていただきました。

 講演者の足立巳幸先生、朴 将虎先生には講演時間を短くしていただきましたが、興味深く、なるほど納得と充実したご講演でした。両先生のご協力に感謝いたします。

  ー24年度特別講演会報告ー
 本会主催の都民の健康づくり運動は、第6回となり9月30日(日)に「食と健康づくり」をテーマに、特別講演会を食生態学の提唱者であり女子栄養大学名誉教授の足立己幸先生と中医学の専門家として順天堂大学医学部免疫講座非常勤助教授の朴将虎先生をお招きして日本女子大学桜楓館にて開催しました。
当日は台風17号が東京にも近づいていたため急遽、両先生に時間を短縮して講演していただく異例の事態となりましたが、両先生共時間いっぱい、熱心に講義をしていただきました。

 足立先生は「食生態学からみた“薬膳”への期待」と題して、まず今年6月内閣府から公表された「食育ガイド」にふれられ、表紙に「まずできることからはじめよう」と書かれて いること、生涯をとおした食育、食行動全体に視野を広げたとても良い内容であることを紹介されました。

 その他東京都農林水産部から東京の小学生全員に配布した冊子「さかなってすごい」と、中学生全員に配布した冊子「魚と私たちと環境のかかわり」、保育園児、幼稚園児全員に配布した冊子「ゆうやくん島に行く」の紹介、さらに東京水産振興会発行の冊子「さかな丸ごと探検ノート」を配布して食の循環の大切さ等を説明されました。足立先生はこれらの冊子の作成委員として中心的な役割を担われ、そのパワーには圧倒されるものがありました。

 「食べ物は部分だけでなく全体として調和することが大切であり、薬膳の考え方と共通している」とまとめられました。